肺がんとともに生きる肺がんとともに生きる

肺がんとともに生きるは、肺がんではないかと心配な方、肺がんと向き合う方やそのご家族の方など、 肺がんについて詳しく知りたい方を対象としています。 なお、本ホームページに記載されている症状等があっても、肺がんとは限りません。 医療機関を受診し、医師にご相談ください。監修:金沢大学附属病院 呼吸器内科 臨床教授 笠原 寿郎先生

AstraZeneca

肺がんの大きさと広がり

がんの大きさと広がりの程度により、
肺がんの進行度は決まります。

このページを印刷

肺がんの大きさと広がり

進行度の分類

肺がんは、がんの大きさと広がりによって進行度を分類します。
その分類には、TNM分類が用いられ、T-原発巣の進展度、N-リンパ節転移、M-遠隔転移の組み合わせにより病期が定められます。
自分のがんの病期(進行度)をきちんと把握して、今後の治療について主治医とよく話し合いましょう。