肺がんとともに生きる肺がんとともに生きる

肺がんとともに生きるは、肺がんではないかと心配な方、肺がんと向き合う方やそのご家族の方など、 肺がんについて詳しく知りたい方を対象としています。 なお、本ホームページに記載されている症状等があっても、肺がんとは限りません。 医療機関を受診し、医師にご相談ください。監修:金沢大学附属病院 呼吸器内科 臨床教授 笠原 寿郎先生

AstraZeneca

治療

がん細胞の種類と進行度によって治療方法が変わってきます。
ここでは治療方法の選択と各治療の解説をしています。

このページを印刷

肺がんの治療には、手術・放射線療法・化学療法・分子標的治療・がん免疫療法が行われています。

治療法は、がん細胞の種類と病期、更に患者の全身状態の3つの要素がもととなり、選択されます。

ここでは、治療法の内容について解説していきます。