肺がんとともに生きる肺がんとともに生きる

肺がんとともに生きるは、肺がんではないかと心配な方、肺がんと向き合う方やそのご家族の方など、 肺がんについて詳しく知りたい方を対象としています。 なお、本ホームページに記載されている症状等があっても、肺がんとは限りません。 医療機関を受診し、医師にご相談ください。監修:金沢大学附属病院 呼吸器内科 臨床教授 笠原 寿郎先生

AstraZeneca

がん免疫療法

がん治療法の1つで、患者さん自身が
持っている免疫の力を使った治療法です。

このページを印刷

がん免疫療法

私たちのからだには、体内に侵入した病原菌、ウイルスなどの異物を排除しようとする免疫という機能が備わっており、正常な細胞ががん細胞に変化した場合にも、免疫の働きによりがん細胞を排除し、がんの発症を抑制しています。この免疫の働きを高めて、がん細胞の排除を促そうとする治療法ががん免疫療法です。

また、私たちのからだには、免疫が過剰に働き正常な細胞を攻撃しないよう免疫の働きを調整する機能も備わっています。がん細胞は正常な細胞から変化するときに、さまざまな特性を獲得しますが、なかには免疫の調整機能を利用して、免疫の働きを抑制し、免疫の攻撃から逃れる能力を獲得することが分かってきました。

そこで、新たながん免疫療法として、がん細胞による免疫の抑制を解除し、がん細胞を排除する本来の免疫の働きを取り戻そうとする治療法が開発されました。この免疫の抑制を解除する治療法は、免疫の働きを高めようとする別のがん免疫療法や他の抗がん剤治療などと併用した研究も進んでいます。