肺がんとともに生きる肺がんとともに生きる

肺がんとともに生きるは、肺がんではないかと心配な方、肺がんと向き合う方やそのご家族の方など、 肺がんについて詳しく知りたい方を対象としています。 なお、本ホームページに記載されている症状等があっても、肺がんとは限りません。 医療機関を受診し、医師にご相談ください。監修:金沢大学附属病院 呼吸器内科 臨床教授 笠原 寿郎先生

AstraZeneca

治療における副作用

肺がんの治療を行っている時や治療の後には、
副作用があらわれることがあります。

このページを印刷

治療における副作用

肺がんの治療はさまざまな方法がありますが、それぞれの治療中または治療後に副作用があらわれることもあります。副作用について、どんな症状がいつあらわれるかは個人差があるものですが、いずれも早期発見、適切な対処を行うことが重要だと言えます。

気になる症状がみられた場合は、必ず医師にご相談ください。