アスベスト(石綿)とその活用

アスベストは、熱、電気、化学物質などに強い繊維状の天然鉱物で、安価であることから建設資材をはじめ家電製品や自転車などさまざまな製品に利用されてきました1,2,3)
しかし、1960年頃から欧米でアスベストにさらされる作業に従事していた労働者に、肺がんや中皮腫が多発しはじめ、1972年に世界保健機関(WHO)がアスベストを発がん物質に指定しました。日本では、2012年にアスベストを含む製品の製造が全面禁止されました3,4)

アスベストによる健康障害

アスベスト繊維は髪の毛の5,000分の1と非常に細く、飛散すると長い時間、空気中を浮遊します。口や鼻から吸い込んでも多くはすぐに体の外に排出されますが、完全には排出されないため、わずかに残ったアスベストが肺に沈着します。アスベストは、いったん沈着すると肺の中で分解されず、長年にわたり異物としてとどまりつづけるため病気を引き起こすことがあります1,3)
アスベストにさらされるおそれがある作業に従事していた方やその家族、またアスベストを取り扱う工場の近くに居住していた方などは、アスベストを原因とする病気を発症するリスクが高い可能性があります3)

アスベストにさらされるおそれがある作業の例

アスベストを原因とする病気には、非腫瘍性のものとして、石綿肺、良性石綿胸水(良性石綿胸膜炎)、びまん性胸膜肥厚があります。腫瘍としては肺がんと中皮腫があります5)

アスベスト除去時の対策

アスベストの撤去作業は、厚生労働省が定める石綿障害予防規則によって、発塵性が高い順に3つのレベルに分類されています。事前調査や労働基準監督署長への届出の要否は、レベルに準じて規定されています6)
最も発塵性が高いレベル1の作業は、アスベストとセメントを混ぜ合わせて作られる吹き付け石綿の撤去作業です3,6)。撤去作業は、専門の講習を修了した石綿作業主任者の指揮のもと、作業者が直接アスベストにさらされないよう実施されることが定められています7)

アスベスト代替繊維

繊維状物質は、工業製品を製造する上で不可欠な素材です。したがって、産業界ではアスベスト製品の製造禁止後、アスベストと同様の性質を有し、生体に安全な代替繊維の開発が活発化しています。
人造ガラス質繊維は人造のガラス質鉱物繊維で、国際がん研究機関(IARC)の発がん性評価基準で「グループ3:ヒトに対する発がん性について分類できない」とされており、発がん性はほぼないと考えられています。中でも、ロックウール、グラスウールは使用歴が長く、大規模免学調査が行われており、発がん性評価は信頼性が高いといわれています8,9)

1)榮木 実枝ほか:がん看護セレクション 肺がん患者ケア,学研メディカル秀潤社
2)環境省 アスベスト含有家庭用品の廃棄について
3)独立行政法人環境再生保全機構 石綿健康被害救済制度10年の記録
4)神山 宣彦:日職災医誌. 2014 ; 62(5): 289-297
5)中野 孝司:成人病と生活習慣病. 2017;47(8): 945-949
6)厚生労働省 石綿則に基づく事前調査のアスベスト分析マニュアル
7)厚生労働省 石綿障害予防規則
8)神山宣彦:石綿製品の使用禁止と石綿代替繊維の現状
9)農林水産省 国際がん研究機関(IARC)の概要とIARC発がん性分類について