レントゲン検査に加えて、喫煙経験者では喀痰細胞診

がん検診の目的は、がんを発見することですが、単に「がんを見つける」ことだけでなく、「早期に発見し、適切な治療をすることでがんによって亡くなる方を減らす」ことです。
40歳を過ぎたら、男女ともに年に1回肺がん検診を受けることが望ましいとされています。
肺がん検診では、胸部レントゲン検査を行います。これは、肺全体のレントゲン画像を撮る方法です。たばこを吸う習慣のある人は、レントゲン検査に加えて、「喀痰細胞診」を行います。
喀痰細胞診とは、痰を採取して、痰に混じっているがん細胞があるかどうかを顕微鏡で観察する方法です。喫煙者に多いとされる、気管支の太い部分にできる扁平上皮癌は、この検査で見つかる可能性があります。喀痰細胞診の検査対象となるのは、50歳以上で、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の人と定められています。現在たばこを吸っている人だけでなく、過去にたばこを吸っていた人も対象となります。喀痰細胞診は、必ずレントゲン検査と一緒に行われます。
また、肺がん検診では胸部CT検査をすることもあります。CTでは肺全体を連続的に撮影することが可能で、より詳しく肺の様子をみることができます。

「精密検査が必要」と言われたら?

肺がん検診で、「がんの疑いがあります」「精密検査を受けてください」などと言われた場合は、そのまま放置せずに、なるべく早く医療機関で精密検査(さらに詳しく行う検査)を受けましょう。
精密検査では、胸部CT検査や、気管支鏡検査などを行います。気管支鏡検査とは、口から気管支に内視鏡を入れて、がんができている可能性のある部位を直接観察する方法です。必要に応じて、その部位の細胞を採取して、悪性の腫瘍かどうかを診断します。
精密検査の方法は、「がんができているかもしれない場所」や、「できているものが悪性の可能性が高いかどうか」など、ひとりひとりの状態によって決められます。

肺がん検診と精密検査の方法

肺がん検診と精密検査の方法