何らかの原因によって遺伝子に異常が起こり、限りなく増殖する性質をもつようになった細胞を「がん細胞」といいます。がん細胞は増殖してまわりの臓器に影響を与え、また、身体のあちこちに転移して他の臓器にも影響を与えるようになります。
一般に「肺がん」とは肺から始まったものをいい、正確には「原発性肺がん」と呼びます。これに対して、たとえば乳がん、大腸がんなど他の臓器から始まって肺に転移を起こした場合は「転移性肺がん」と呼び、原発性肺がんとは違う扱いをします。
ここでは、がんの基礎知識についてご紹介します。