がん細胞が広がる仕組み

がんは、遺伝子が傷ついた異常な細胞(がん細胞)がかたまってできたものです。がん細胞は、増え続けかたまりを作る性質をもっています。
また、がん細胞は、単に増え続けるだけでなく、周囲に広がったり(浸潤)、ほかの臓器に移ったり(転移)して新しいがんを作る特徴があり、そのせいで、身体のさまざまな臓器にダメージを与え、生命に重大な影響をおよぼします。
さらに、がん細胞は、正常な細胞が取り込もうとする栄養を奪い、身体をどんどん衰弱させる特徴をもっています。

悪性腫瘍と良性腫瘍の違い

身体の統制を破って、細胞が異常に増えてかたまりになったものを「腫瘍」といい、腫瘍には、良性と悪性があります。良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞が増えるスピードがゆっくりで、転移や浸潤はせず、多くの場合、体にそれほど悪い影響を与えることはありません。代表的なものとして、子宮筋腫や卵巣嚢腫などが挙げられます。
一方、悪性腫瘍は、異常な細胞が止まることなく増え続け、増えるスピードが速いものもあるのが特徴です。悪性腫瘍には、骨や筋肉などの細胞からできる「肉腫」と、身体の表面や臓器などの細胞(上皮細胞)からできる「がん」があります。

がん細胞が広がる仕組み