口からの出血の原因と種類

気管支や肺に異常がみられるとき、口から出る咳や痰に血が混じることがあります。その出血の原因として、肺がんによるものという可能性があります。
一般的には、口から血が出た場合は、気管支や肺のほかに、食道・胃・十二指腸など上部消化管、のど・口の中・鼻の中などからの出血が考えられます。

血痰・喀血と吐血の違い

気管支や肺から出血したとき、痰に血が混ざったり(血痰)、咳と一緒に血を吐き出してしまうこと(喀血)があります。
一方で、食道・胃・十二指腸など上部消化管の出血の場合は、嘔吐とともに血を吐き出してしまうこと(吐血)が多いです。
どこからの出血かわからない場合は、出血の部位やその原因となった病気を突き止める必要があります。

血痰や喀血は肺がん以外の病気でもみられる

肺がんでは、がんが気道に近い部位や気管支に広がると、その場所から出血が起こる可能性があります。この場合、血痰や喀血となって口から外に出てくることがあります。

ただし、血痰や喀血がみられたからといって、必ず肺がんがあるというわけではありません。気管支や肺からの出血の原因となる病気としては、肺がんのほかに肺結核や肺炎、気管支炎、気管支拡張症などがあります。
原因となった病気を突き止め、止血する必要がありますので、急いで医療機関を受診することが大切です。