肺がんで痩せる理由

肺がんに限らず、がんになると痩せる(体重が減少する)ことが多くあります。
がんになると起こる体重減少は、がんによって引き起こされた炎症と代謝異常が原因となっている場合と、がんや治療が理由で十分な食事がとれなくなったことが原因となっている場合があります。

がんになると、自然の反応として全身に激しい炎症が起きます。また、がん細胞は炎症をさらに加速させる物質を放出しています。その結果、体内のタンパク質と脂肪の代謝バランスが崩れ、脂肪だけでなく筋肉も減っていき、体重が減少すると考えられています。この状態を「がん悪液質」と呼びます。

体重減少のもうひとつの原因である食事量の減少には、大きくなったがんが消化管を圧迫しているために食事がとれない、食事をとっても十分に消化されない、薬物治療や放射線治療の副作用(吐き気、嘔吐、食欲低下、味覚障害、口内炎など)により食事がとれない、がんによる痛みが原因で食欲がない、心理的なショックで食事ができないなどの理由があります。これらが原因で体重が減少しているときは、食事の工夫や副作用の治療、痛みの治療、点滴による栄養状態の改善、カウンセリングなどによって体重減少を和らげることができます。

肺がん患者の痩せ方の特徴とタイミング

体重減少が起こる頻度はがんの種類によって違っており、化学療法をまだ受けたことのない進行肺がんの患者さんの約60%で体重減少がみられるといわれています。また病期が進むと、その割合は上昇していき、約90%に達すると報告されています。

悪液質になると、いつもどおりに食事をとっていても、脂肪だけでなく、筋肉も落ちていき、体力が著しく低下します。がん悪液質は2011年にEPCRC(European Care Research Collaborative)のガイドラインの中で「通常の栄養 サポートでは完全に回復することができず、進行性の機能障害に至る、骨格筋量の持続的な減少(脂肪量減少の有無にかかわらず)を特徴とする多因子性の症候群」と定義されており、栄養状態を改善するだけでは、体重減少を止めることはできません。

体重計

肺がん治癒には痩せないことが必要

体重が減少すると、治療に耐える体力がなくなって治療を継続できなかったり、その結果として治療効果が思うよに得られなかったりします。また、筋肉が減りすぎると日常生活に支障をきたし、生活の質(QOL)が低下することもあります。食事がとれずに体重が減少しているのであれば、食事がとれない原因となっている痛みや副作用などに応じた対策をとることが大切だと考えられます。原因がわからないときやつらいときには、医師や看護師さんに相談しましょう。