在宅での緩和ケアも可能です

多くの方にとって、住み慣れた自宅はもっとも安心でき、快適に生活できる場所でしょう。入院や外来で受けることのできる緩和ケアの多くは、在宅でおこなうことも可能です。病状が安定していて、身体的に問題がなければ、自宅で療養をしながら緩和ケアを受けることもできるでしょう。
緩和ケアでは、飲み薬などによる治療のほか、注射や点滴などによる処置をおこなうこともあるため、自宅で緩和ケアをおこなうときには、在宅医療について専門的な知識をもっている訪問診療医や訪問看護師、地域の調剤薬局の薬剤師、ケアマネジャー、ホームヘルパーなど、医療と介護の専門スタッフがチームとして連携し、在宅患者さんをサポートします。
在宅での緩和ケアを受ける際には、患者さんやご家族とチームのスタッフで、どのような生活を送りながら、どのようなケアを希望するのかをよく相談し、治療や処置のしかた、緊急時の対応方法などをしっかり確認しておくことが大切です。
患者さんやご家族が安心して在宅での緩和ケアを続けられるように、家庭での生活ペースを守りながらサポートをおこないます。

病院と連携したチーム医療のサポートが受けられます

在宅での療養を選択したからといって、病院から離れて孤立してしまうわけではありません。訪問診療医など緩和ケアのチームを通じて病院とのつながりを維持し、病状の変化などに応じて必要な医療やサポートを受けることができます。
また、自宅だけでなく、介護施設などさまざまな療養の場で緩和ケアを受けられる場合もあります。在宅での緩和ケアを希望する場合は、担当の医師や看護師、がん相談支援センター、最寄りの在宅緩和ケアセンターなどに相談しましょう。

自宅で緩和ケアを受けることはできる?