がん治療とともに受ける方法と緩和ケア病棟に入院する方法があります

入院して緩和ケアを受ける場合は、一般病棟でがんの治療をしながら緩和ケアチームの診療を受ける方法と、緩和ケア病棟に入院する方法があります。
緩和ケアチームとは、医師や看護師、ソーシャルワーカーなど多くの職種のメンバーによる専門的な緩和ケアを提供するためのチームです。医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、心理士、栄養士、リハビリテーション担当者などで構成されます。
全国のがん診療連携拠点病院には、すべてに緩和ケアチームがあります。また、それ以外の医療機関でも、緩和ケアチームが結成されている施設もあります。

緩和ケアチームを構成するメンバーの職種と役割

医師 痛みや治療による副作用など体の症状を担当する医師と、心のケアを担当する精神科、心療内科などの医師が参加し、担当医と連携してケアにあたります。
看護師 患者さんやご家族の日常生活、退院後・転院後の療養生活などについてのアドバイスや調整などをおこないます。
薬剤師 患者さんやご家族に、薬物療法の指導やアドバイスをおこないます。
ソーシャル
ワーカー
治療などに関わる助成制度や経済的な問題、仕事や家庭などの心配などについての支援をおこないます。
心理士 患者さんやご家族の心のケア、カウンセリング、心理検査などをおこないます。
栄養士 食事や栄養に関する指導、アドバイスをおこないます。
リハビリテーション担当者 担当は患者さんの自立や日常生活を維持するための治療、指導等をおこないます。

心身の苦痛緩和が主となる「緩和ケア病棟」

緩和ケア病棟とは、がんを治すための治療(手術や放射線、薬物療法など)をすることが難しくなった方、あるいはそういう治療を望まない方を対象に、体と心の苦痛緩和に力を注ぐ専門病棟です。点滴や注射など、患者さんにとって苦痛をともなう検査や処置はできるだけ少なくするよう配慮され、病棟には、痛みや息苦しさなどのつらさをやわらげる知識や技術に精通している医師や看護師などのスタッフがいます。
一般病棟と異なり、家族や大切な人といつでも面会できるように、面会時間の制限をなくしている施設もあります。患者さんがご家族と一緒に過ごせるように、個室を多く設け、ご家族が宿泊するためのソファーベッドやキッチンなどを備えている施設もあります。面会の人とゆっくり過ごせる部屋があったり、行事や催し物がおこなわれたりと、患者さんができるだけリラックスし、楽しく過ごせるように配慮や工夫がなされています。
さらに、外来や在宅での緩和ケアにスムーズに移るための支援や、在宅療養している患者さんの緊急時の受け入れなどもおこないます。

担当医や看護師、がん相談支援センターなどで相談を

緩和ケア病棟を探したいときは、担当医や看護師、ソーシャルワーカー、もしくはがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターや医療連携室などに相談するといいでしょう。
費用については、厚生労働省から承認を受けている緩和ケア病棟の場合、医療費は定額制(治療内容にかかわらず1日にかかる医療費は一定額に決められていること)です。入院期間によって入院料が異なり、室料差額分が必要になることもあります。また、一定額を超えた医療費は高額療養費制度を利用することで返金されます。
費用や制度の詳細については、加入している医療保険者、医療機関のソーシャルワーカーや会計事務担当者に確認しましょう。

担当医や看護師、がん相談支援センターなどで相談を