肺がんの緩和ケアについて

緩和ケアとは、がんと診断されたときから患者さんが感じるさまざまな不安や苦痛、たとえば体の痛みや不快な症状、心に感じる苦しみ、社会生活を営むうえでの不安、経済的な不安などをやわらげ、患者さんがよりよい生活を送れるようケアすることです。また、患者さんの家族も同じ苦痛を抱えているため、患者さんのQOLを高めるには家族のケアも必要です。

緩和ケアは、病期や治療の経過にかかわらず、患者さんと家族がつらいと感じるときに行われるものです。緩和ケアを行っているのは、緩和ケア病棟、緩和ケアチームによる入院中の診療、緩和ケア外来、在宅治療中の訪問看護や在宅緩和ケアなどで、患者さんの状況に応じて行われます。

緩和ケアについての詳細は以下をご覧ください。

肺がん患者さんの家族のためのケア

患者さんの家族は、患者さんと同じ、あるいは患者さんより大きな精神的苦痛を抱えていることがあり、第2の患者と呼ばれます。
がんと告げられた後やその後の経過において、家族も患者さんと同じように神経のたかぶりや不安、いらだち、怒りを抱え、うつ状態に陥ることがあります。また、家族は患者さんの苦しみを受け止めて支える存在であるため、自分の苦しみを表に出せず苦しい立場におかれがちです。患者さんが肺がんと向き合い、自分らしく生活していくには、家族の支えが不可欠であり、家族が精神的苦痛に押しつぶされてしまわないようケアする必要があります。

家族のためのケアについてはこちらをご覧ください。

家族が肺がん患者さんにできるケア

患者さんのつらさがやわらげば、家族のつらさもやわらぎます。
患者さんが悪心や嘔吐で苦しんでいたら背中をさする、副作用に応じて食事の味付けを変える、痛みのある部位をさする、服用する薬を準備するなど、患者さんのために家族ができることはたくさんあります。
家族も治療に参加しているという意識を持つことが、家族の精神的苦痛の軽減にもつながります。