免疫の働きにブレーキをかける免疫チェックポイント

私たちの体には、細菌やウイルスなど外来の異物や、体の中でできたがん細胞などの異常な細胞の働きを抑えこみ、排除するための「免疫」という仕組みがあります。さらに免疫が過剰に働き、自分の体を攻撃しないように、免疫にブレーキをかける仕組みも備わっていることがわかってきました。がん細胞の中には、この仕組みを悪用し、免疫による排除から逃れているものもあります。
免疫の働きにブレーキをかける仕組みの1つが「免疫チェックポイント」と呼ばれる分子であり、「PD-1」はその1つです。PD-1は、「PD-L1」と呼ばれるパートナーと結びつくと、免疫の働きにブレーキがかかります。がん細胞の中には、このPD-L1を細胞の表面に出すことによって、免疫の働きから逃れているものがあると考えられています。

免疫の働きにブレーキをかける免疫チェックポイント

免疫のブレーキを解除する治療とPD-L1検査

免疫の働きへのブレーキを解除し、体が本来もつ免疫の力でがんと戦うという治療法が免疫チェックポイント阻害療法です。肺がんでは、PD-1とPD-L1の結合を妨げてブレーキを解除する免疫チェックポイント阻害療法が実用化されています。肺がん細胞の表面にPD-L1がどの程度発現しているかを調べるのがPD-L1検査です。

免疫のブレーキを解除する治療とPD-L1検査