EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんで、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の効果が認められなくなってしまった場合には、その原因を調べるためにもう一度組織診断の検査を行います。

生検で採取した組織や細胞はホルマリンで固定し、顕微鏡で観察して細胞の形や特徴を調べるとともに、遺伝子を取り出してEGFR-TKIに対する耐性変異などが生じているかどうかを調べます。

薬剤が効かなくなった場合に行う検査

また、血液を採取して遺伝子変異の検査を行う方法もあります。血液を用いた検査は、生検を行うよりも患者さんの負担が少ない検査方法として注目されています。しかし、血液の中に十分にがんの遺伝子がもれでていない場合もあるので、生検による検査の場合より、感度が低かったり、生検による検査と血液検査の結果が一致しないこともあることが報告されています。

こうした検査の結果から、EGFR-TKIが効かなくなった原因が分かれば、適切な治療法を選択するのに役立ちます。