組織診

腺癌 乳頭型

出典:「臨床・病理 肺癌取扱い規約」 2016年12月改訂第8版 金原出版株式会社 日本肺癌学会 編

X線写真、CT(この他アイソトープ、MRIその他をまとめて画像診断といいます)などは体の外側から得た、いわば間接的な情報で、現在でも「がん」という確実な診断(確定診断といいます)のためには病理標本の検討が必要です。

もちろん一部の例外はありますし、確定診断を行う余裕のない緊急状態の場合や大きな負担なしには確定診断ができないといった場合などでは画像診断のみで治療を開始することはあります。しかしその場合でも確定診断を得ようとする努力は続けられるのが普通です。

肺がんの最終的な判定を行う方法は組織診と細胞診の2種類があります。組織診は検査、あるいは手術でとってきた組織の切れ端をホルマリンで固定し、薄くきった後H-E染色(ヘマトキシリンとエオシンという色素を使うのでこの名前がついています。)して顕微鏡で見ます。細胞の大きさ、形、並び方などを総合的に判定します。別の特殊な染色を使って特定の性質を判断することもあります。

細胞診は、はがれてきた(喀痰細胞診)あるいは剥がしてきた(擦過細胞診)もしくは針を刺して吸引してきた(吸引細胞診)細胞をアルコール固定し、パパニコロー染色という方法で染めて顕微鏡で見ます。細胞の並び方を判断することは困難で、主として細胞の大きさ、形から判断します。

肺という組織は気管支が次々と枝分かれしてできている組織であることと、肋骨に囲まれていてがんの一部を取ってくるのが簡単ではない臓器です。その代わり、がん細胞が剥がれ落ちると痰に混じることがあるという特徴もあります。