気管支鏡

気管支鏡

気管支鏡とは直径6mm程度のファイバーを鼻あるいは口から挿入し、先端のカメラで気管支の内部を観察したり、肺の組織を採取したりする検査です。かつては全身麻酔で水道管のような太いチューブを使っていましたが(硬性気管支鏡といいます)、日本の池田茂人氏によって気管支ファイバーが開発され、患者さんの負担が著しく軽減され、現在は局所麻酔で行われるようになりました。なお、硬性気管支鏡は検査の目的によっては今でも使われています。

気管支鏡検査は、肺がんだけでなく、肺のさまざまな病気の検査として行われ、気管支の粘膜や気管支がふさがっていないかどうかの観察、病巣の一部を採取、気管支内の異物除去、レーザー照射の治療などを行います。

ファイバーを挿入する口あるいは鼻に局所麻酔をかけた後、ファイバーをゆっくりと挿入し、気管や気管支内に局所麻酔液を散布しながら、ファイバーを気管支の奥に進めます。局所麻酔液を散布するのは、咳や異物感を軽くするためです。
気管支鏡検査は、気管支内部の観察だけであれば5分から10分で終了します。

病巣が直接確認できた場合、あるいはX線透視で病巣が確認された場合は、その部分の組織を擦過(擦り取ること)あるいは組織の一部を採取します。組織を採取しても痛みはありません。組織採取時の危険性としては出血があります。通常は10分程度で出血は収まりますが、稀に出血で入院等が必要となることも報告されています。

なお最近では、気管支鏡にカメラだけでなく超音波装置を備え(EBUS)、組織を採取する針のついた装置も開発されており、今までできなかった場所から検体が採取できるようになっています。

口あるいは鼻に局所麻酔を噴霧した後、ファイバーをゆっくりと挿入

気管支を観察する気管支内視鏡

気管支鏡の観察写真

気管支鏡の観察写真