胸腔鏡

肺の組織が収まっている胸腔というふくろの内部に内視鏡を挿入し、組織採取や手術を行うものです。胸腔鏡というと簡単な検査のように聞こえますが、全身麻酔をかけて行う手術の一種と考えたほうがよいでしょう。

通常の大きく胸を切開して行う手術に比べると、通常は皮膚3箇所を1cmくらい切開し、1箇所からカメラを、他の2 箇所からメスや鉗子などの手術具を挿入して処置、手術を行います。切開する傷が小さいので、患者さんの体の負担は少なくてすみます。

その一方で、カメラの画像を見ながらの処置・手術となるため術視野が狭く、立体感が乏しいことから、手技は難しくなります。したがって、胸腔鏡の処置・手術中に何か危険が発生した場合に、通常の胸部手術に切り替えて、胸を大きく切開することもあります。

最近では胸水の検査目的などで胸腔鏡を、局所麻酔をかけて行うこともあります。ただしその場合は、肺の一部を切除するような大きな処置は行わないのが普通です。

胸腔鏡