腫瘍マーカーとは

主にがん細胞が産生する物質で、血液や尿などの体液で測定できるものです。肺がんでは、血液と胸水を使って測定します。がんの種類ごとに使用する腫瘍マーカーは異なります。

腫瘍マーカーの数値により、がん細胞の増殖する勢いがわかるので、治療効果がどの程度あったかを知る参考になります。また、治療後に正常化した腫瘍マーカーが異常値を示すときは、がんが再発あるいは再び大きくなっている可能性があり、それを知るための参考にもなります。

肺がんにもいくつかの腫瘍マーカーがありますが、肺がんを早期発見するためのものではなく、診断や治療効果を判定するとき、再発をモニタリングするときの指標として補助的に使用されています。

腫瘍マーカーの測定方法や基準値は病院によって異なっています。また、肺がん以外の病気があるときにも異常値を示すことがあるので、腫瘍マーカーだけをみて肺がんがあると確定することはできません。あくまでも目安であることに注意しましょう。

腫瘍マーカーの種類

肺がんでよく使用されている腫瘍マーカーには次のようなものがあります。

CEA

CEAは当初大腸がんのマーカーとして登場しましたが、すぐに肺がんの多く、特に腺がんで上昇していることが知られました。手術後の再発を知るために使うことが多いマーカーです。肺がんのほかに、肺の炎症や糖尿病などの病気、喫煙によっても上昇することがあります。

NSE pro-GRP

NSEとpro-GRPは小細胞がんのマーカーです。
pro-GRPはかなり鋭敏に治療効果を反映するマーカーで、再発したときには画像診断で異常があらわれるよりも早く、数値が上昇します。

Cyfra(シフラ) 21-1

Cyfra 21-1は扁平上皮がんで上昇することが多いとされます。

SCC

SCCは扁平上皮がんで上昇することが多いとされます。

SLX

SLXは腺がんで上昇することが多いとされています。

CA125

CA125は腺がんで上昇することが多いとされています。

CA19-9

膵臓がんや胆道がんで高くなりますが、肺がんでも上昇します。

強調しておかなければならないことは、腫瘍マーカーはあくまで補助診断だということです。マーカーが低いからといってがんがないとは決していえません。逆に軽度の高値でがんにおびえるのも良くありません。数字で出てくる検査はX線写真やCTに比べてわかりやすいように思ってしまうものですが、決してそうではありません。その結果を正しく解釈することが必要です。