肺がんのステージ(病期)とは - 進行度の分類

肺がんは、がんの大きさと広がりによって進行度を分類し、ステージ(病期)を判断します。進行度の分類には、TNM分類が用いられ、T-原発の進展度、N-リンパ節転移、M-遠隔転移の組み合わせによりステージが定められます。

肺がんのステージには、Ⅰ期(ⅠA、ⅠB)、Ⅱ期(ⅡA、ⅡB)、Ⅲ期(ⅢA、ⅢB、ⅢC)、Ⅳ期(ⅣA、ⅣB)があります。例えば、肺のがんが小さく、肺の中だけにとどまっている場合はステージⅠ期に分類されます。がんの進行の程度に応じて、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期とステージが上がっていきます(ステージ分類の詳細はこちら)。
自分のがんのステージを知り、進行度をきちんと把握して、今後の治療について主治医とよく話し合いましょう。

TNM分類

解説 分類
T‐原発の進展度 肺がんの広がり(径の大きさや周囲の臓器への浸潤の程度)をあらわし、大きくはT1~T4の4段階に分類されます。
検査方法:
胸部CT検査
(縦隔浸潤、胸壁浸潤、腫瘍周囲の無気肺の鑑別が必要な場合はFDG-PET/CTもしくは胸部MRI)
Tis
T1mi
T1a
T1b
T1c
T2a
T2b
T3
T4
N‐リンパ節転移 リンパ節への転移の有無をあらわし、転移がない場合はN0、ある場合はどのリンパ節に転移しているかによってN1~N3に分類されます。
検査方法:
胸部造影CT、FDG-PET/CT
(FDG-PET/CTが利用できない場合はMRI )
(縦隔リンパ節転移の有無で治療法が異なる症例においては、画像検査で縦隔リンパ節転移を疑う場合、超音波内視鏡による病理学的診断を行う)
N0
N1
N2
N3
M‐遠隔転移 離れた場所(反対側の肺や、肝臓、骨、筋、副腎など肺以外の臓器)への転移の有無をあらわし、転移がない場合はM0、ある場合はM1に分類されます。
検査方法:
FDG-PET/CT、頭部造影MRI
M0
M1a
M1b
M1c