進行度の分類

T‐原発巣の進展度

TX
原発腫瘍の存在が判定できない、あるいは、喀痰または気管支洗浄液細胞診でのみ陽性で画像診断や気管支鏡では観察できない
矢印
T0
原発腫瘍を認めない
矢印
Tis
上皮内癌(carcinoma in situ):肺野型の場合は、充実成分径0cmかつ病変全体径≦3cm
矢印
T1・T1mi
T1 腫瘍の充実成分径≦3cm、肺か臓側胸膜に覆われている、葉気管支より中枢への浸潤が気管支鏡上認められない(すなわち主気管支に及んでいない)
T1mi 微小浸潤性腺癌:部分充実型を示し、充実成分径≦0.5cmかつ病変全体径≦3cm
T1a・T1b・T1c
N‐リンパ節転移
矢印
T2

充実成分径>3cmでかつ≦5cm、または充実成分径≦3cmでも以下のいずれかであるもの

  • 主気管支に及ぶが気管分岐部には及ばない
  • 臓側胸膜に浸潤
  • 肺門まで連続する部分的または一側全体の無気肺か閉塞性肺炎がある
T2a 充実成分径>3cmでかつ≦4cm
T2b 充実成分径>4cmでかつ≦5cm

T‐原発巣の進展度

画像が変わります

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
矢印
T3

充実成分径>5cmでかつ≦7cm、または充実成分径≦5cmでも以下のいずれかであるもの・壁側胸膜、胸壁(superior sulcus tumor を含む)、横隔神経、心膜のいずれかに直接浸潤・同一葉内の不連続な副腫瘍結節


T‐原発巣の進展度

画像が変わります

  1. 1
  2. 2
  3. 3
矢印
T4

充実成分径>7cm、または大きさを問わず横隔膜、縦隔、心臓、大血管、気管、反回神経、食道、椎体、気管分岐部への浸潤、あるいは同側の異なった肺葉内の副腫瘍結節


T‐原発巣の進展度

画像が変わります

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
矢印