IIIA期

IIIA期

転移はないものの、肺局所で進行している進行がんの初期段階です。
局所進展型あるいは局所進行肺がんなどという言葉も使われます。
図は、原発巣と同じ側の縦隔リンパ節に転移がある例です(N2)。
非小細胞がんであれば基本的に手術を行いますが、術後の再発率は高く、治療法の改善努力が注がれています。手術前や後に抗がん剤を使う、放射線療法も組み合わせるなど、色々な方法が検討されていますが、決定的な方法は確立されていません。
手術が不可能と判断された場合は、手術を行わずに抗がん剤と放射線療法を併用する化学放射線療法での治療を行います。
また、化学放射線療法後には免疫チェックポイント阻害剤による免疫療法が行われることがあります。
小細胞がんの場合は抗がん剤と放射線療法の併用を考慮します。