IIIB期

IIIB期

IIIC期

IIIC期 IIIC期

IIIA期よりさらに進行した状態で、原発巣側の肺外にリンパ節転移が生じており(N2またはN3)手術では全てを取り切ることは難しい状態です。
手術をしても癌が残ってしまう可能性が高いことから、基本的に手術は行いません。
標準的な治療法としては、化学療法、放射線療法の併用が行われます。その後、免疫チェックポイント阻害剤による免疫療法が行われることもあります。
小細胞肺がんでは化学療法と放射線療法の併用が検討されます。