肺がんの脳転移とは

肺がんが脳に転移することです。肺がんの転移性脳腫瘍ともいいます。
肺には多くの血管やリンパ管が集まっているため、がん細胞は血流にのって脳や骨、肝臓などに転移しやすくなっています。

脳転移後の症状や治療方法

脳に転移すると脳がむくみ、頭蓋骨内の圧力が上がるため、頭痛や吐き気が起こることがあります。脳の中枢に転移すると手足のまひが起こり、小脳に転移すると平衡感覚がおかしくなり、ふらつきがでます。

脳転移の数が少ないときは、放射線治療や外科手術が行われます。以前は外科手術が主流でしたが、最近は患者さんの負担が小さい放射線療法が優先的に行われています。
放射線治療には、転移巣をピンポイントに照射する定位放射線照射と、脳全体に放射線を当てる全脳照射があります。定位放射線照射には、1回照射の定位手術的照射(ガンマナイフ)と複数回照射の定位放射線治療があります。どの方法を行うかは、転移の数や部位によって決められます。
脳転移に対する放射線治療では、髪の毛が抜ける、頭痛、だるさ、吐き気などがあらわれることがあります。

脳転移の数が多いときや、症状がないときには、薬物療法が行われることもあります。これまでは、薬物療法は脳転移に対して効果が期待できないといわれていましたが、抗がん剤や分子標的薬の中には脳転移に対して効果があったと報告されているものもあります。

予後や生存率

以前は、がんが脳に転移すると、末期で余命が短いと考えられていました。しかし、現在は放射線治療や薬物療法が進歩したおかげで、以前よりも長い期間、日常生活を送れるようになっています。

脳転移が起きた後に病気がどのように進むかは、全身状態、頭蓋外に転移巣があるかどうか、年齢などによって決まると考えられています。
脳転移を起こした非小細胞肺がん患者さんのおおよその生存期間は、年齢や全身の状態、頭蓋外への転移の有無、中枢神経系への転移の数などによって変わりますが、約3〜20ヵ月と報告されています。