肺がんの治療方法の決め方は

肺がんの疑いがあると指摘されて病院を受診したら、胸部X線検査やCT検査、喀痰細胞診などを行い、肺がんがあるかどうかを詳しく調べます。これらの検査で肺にがんらしき影やリンパ節の腫れ、胸水が認められたり、喀痰細胞診でがん細胞がみつかったりしたら、肺がんが強く疑われます。
次の検査では、胸水や、がんが疑われる部位の細胞や組織を採取して、がん細胞の有無を調べます。この結果、がん細胞が発見されると肺がんであると診断され、組織型が判明します。
続いて、がんがどれほど広がっているかを調べるために、肺がんが転移しやすい脳、骨、肝臓、副腎などをCT、MRI、PET、シンチグラフィなどを用いて検査します。これらの検査の結果、病期(ステージ)が確定します。

病期(ステージ)が確定すると、治療方針が決まります。
非小細胞肺がんの治療方針を病期(ステージ)別におおまかに分けた後、がんを完全に取り除く手術ができると判断されたI期とII期、III期の一部では手術が行われます。手術ができないと判断されたIII期とIV期では薬物治療、放射線治療が行われます。
小細胞肺がんは、限局型のI期(ステージ1)であれば手術が行われることもありますが、それほど早期に発見されることはまれです。

治療選択肢が複数ある場合、完治が期待できる治療方法が優先的に勧められます。がんの完治が期待できる治療方法を根治療法とよび、肺がんの治療では手術と一部の放射線療法がそれにあたります。

手術ができないのはどのような場合?

手術できるか、できないかは、組織型、がんの進行度、全身状態、心肺機能、年齢、ほかの病気の有無などで決まります。

手術は、がんをすべて取り除く根治手術を基本としています。手術や麻酔に耐えられる体力がない、手術後の生活に必要な呼吸機能の回復が見込めない、ほかの病気により重い合併症が起こる危険性がある、手術できない場所にがんがある、などと判断された場合は安全に取り除けるとはいえないため、手術は選択されません。

非小細胞肺がんの病期(ステージ)別にみると、IA期(ステージ1A)は手術のみ、IB、IIA、IIB期(ステージ1B、2A、2B)は手術後に抗がん剤治療を行うことが推奨されています。IIIA期(ステージ3A)は、抗がん剤治療や放射線治療のあとに手術を行うことがあります。IIIB期(ステージ3B)とIV期(ステージ4)はがんをすべて取り除くことが難しいと考えられるため、多くの場合、手術できないと判断されます。

手術ができないときには、放射線治療や薬物治療が行われます。どちらを選ぶかは、病期(ステージ)、全身状態、患者さんの希望などによって決まります。

手術できないと生存率は低い?

2002年に肺がんと診断された患者さんについて詳しく調べた調査の結果、手術を受けた患者さんの5年生存率は66.0%、手術できなかった患者さんの5年生存率は8.5%であったと報告されています1)。これらの調査結果から、一般的には手術できなかった患者さんよりも手術できた患者さんのほうが生存率は高いといわれています。
ただし、手術できなかった患者さんであっても、余命が短いと決まっているわけではありません。現在は、2002年にはまだ存在していなかった肺がん治療薬が数多く使用できるため、薬物療法を受けることで当時よりも良好な生存率が期待できるようになっていると考えられています。

1) Sawabata N, et al. J Thorac Oncol. 2010; 5(9): 1369-1375.