小細胞肺がんは非小細胞肺がんに比べ、早期から増殖のスピードが速く、転移しやすいがんですが、一方で、抗がん剤や放射線治療が効きやすいという特徴があります。したがって、早期であっても手術単独ではなく、化学療法を併用することが勧められています。

病期分類と治療法

限局型:手術+術後化学療法、化学療法+胸部放射線治療併用

進展型:化学療法単独、化学療法+免疫療法併用

臨床成績

  • 進展型に比べて限局型では高い治療効果がみられることもあり、がんが縮小・消失した状態を長期間維持できる人もいます。
  • 一般に通常の検査でわからないくらいになった小細胞肺がんの場合、その状態が2〜3年以上続くと再発の危険は減少します。

1) 注釈テキストが入る予定。