免疫とは

私たちの体には、体内に侵入した病原菌、ウイルスなどの異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっており、正常な細胞ががん細胞に変化した場合にも、免疫の働きによりがん細胞を排除し、がんの発症を抑制しています。

一方で、私たちの体には、免疫が過剰に働き正常な細胞を攻撃しないよう免疫の働きを調節する機能も備わっています。がん細胞は正常な細胞から変化するときに、さまざまな特性を獲得しますが、中には免疫の調節機能を利用して、免疫の働きを抑制し、免疫の攻撃から逃れる能力を獲得することが分かってきました。

免疫療法とは

そこで、がん細胞による免疫の抑制を解除し、がん細胞を排除する本来の免疫の働きを取り戻そうとする新たな治療法、免疫療法が開発されました。この治療法は、免疫の働きを高めようとする別のがん免疫療法や他の抗がん剤治療などとの併用による研究も進んでいます。

免疫療法にはいくつかの種類がありますが、非小細胞肺がんに効果があると認められ、保険適用されているのは免疫チェックポイント阻害剤だけです。免疫チェックポイント阻害剤には、抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体の2種類があります。

そのほかの免疫療法には、サイトカイン療法やがんワクチン療法、エフェクターT細胞療法などがあります。
サイトカイン療法は、免疫細胞が作り出す物質(インターロイキン2、インターフェロンアルファなど)を体内に注射することで免疫を活性化させ、がん細胞への攻撃力を高めます。
がんワクチン療法は、がん細胞の目印になる物質(抗原)を体内に注射して免疫細胞ががんを見つけやすくすることにより、がん細胞への攻撃力を高めます。抗原の種類によって、がんペプチドワクチン、腫瘍細胞ワクチン、樹状細胞ワクチンなどがあります。
エフェクターT細胞療法は、がん細胞を直接攻撃する免疫細胞(CD8陽性T細胞、NK細胞など)を患者さんの体から取り出し、体外で増殖、活性化させてから体内に戻し、がん細胞を攻撃させる治療方法です。
しかしながら、どの治療方法も肺がんに対する効果は明らかになっていないため、現時点では保険適用はされていません。

肺がんの免疫療法で注意するポイント

IV期(ステージ4)の非小細胞肺がん患者さんには、遺伝子検査の結果、扁平上皮がん以外の非小細胞肺がんで、特定の遺伝子変異(EGFR遺伝子変異、ALK遺伝子転座、ROS1遺伝子転座、BRAF遺伝子変異)がみつかった患者さんは、それぞれの遺伝子変異に応じた分子標的薬を最初に使用します。
これらの遺伝子変異がない患者さんのうち、PD-L1検査でPD-L1という分子ががんの中にたくさんみつかった患者さんは、最初の治療で抗PD-1抗体を使用することがあります。
遺伝子変異もPD-L1も陽性でなかった患者さんは、最初の治療では抗がん剤を使用し、その後の治療で抗PD-1抗体または抗PD-L1抗体を使用することがあります。

III期(ステージ3)の非小細胞肺がん患者さんには、化学放射線療法後の維持療法として免疫チェックポイント阻害剤が用いられます。

免疫チェックポイント阻害剤の薬価は、1日あたり約4万円、1年間で約1,400万円です。
検査の費用は、遺伝子検査が約2~7万円、PD-L1検査が約3万円です。
薬剤費、検査費のどちらも保険が適用されるので、患者さん負担額はこの1~3割です。
また、高額療養費制度により、これらの自己負担額については上限も設けられています。

免疫療法は、がん患者さんの弱まっている免疫の働きを高めてがん細胞を攻撃させるという治療法ですが、免疫の働きを高め過ぎてしまうと、自身の細胞や臓器を攻撃し、副作用としてあらわれる可能性があります。これを免疫関連副作用といいます。