PD-L1とは?

PD-L1(Programmed cell Death ligand 1)とは細胞の表面に発現しているタンパク質です。PD-L1は免疫細胞であるT細胞の表面にあるPD-1(Programmed cell Death 1)と呼ばれるタンパク質に結合し、免疫細胞の働きを抑制して「攻撃をしないように」と免疫の働きにブレーキをかける役割をしています。したがって、がん細胞はこのPD-L1の機能で免疫の働きから逃れていると考えられています。

肺がんとPD-L1の関係性

一部のがん細胞には細胞表面にPD-L1をたくさん発現させ、PD-L1の機能を悪用していると考えられています。免疫機能から逃れたがん細胞はどんどん増え広がります。
最近ではこの免疫機能に着目した免疫療法が注目されています。免疫療法とはがん細胞を排除する本来の免疫の働きを取り戻そうとする新たな治療法です。

またPD-L1と同様の働きをするPD-L2 (Programmed cell Death ligand 2)も確認されており、最近ではPD-L2の役割についても研究が進められています。

PD-L1抗体

免疫療法はT細胞表面にある膜タンパク質PD-1が、がん細胞が発現しているリガンド、PD-L1と結合することでT細胞活性化を抑制します。そのため免疫機構を抑制するための薬剤の研究が進められ、開発されたのがPD-L1抗体です。PD-L1抗体は、PD-1とPD-L1の結合を阻害することでT細胞の活性化を増強し、活性化したT細胞ががん細胞を殺すことを目的として開発されました。

免疫療法は、従来ある化学療法に比べて副作用が少ないといわれていますが、免疫の働きを高め過ぎてしまうと、自身の細胞や臓器を攻撃してしまうことがあるため注意が必要とされています。