PD-L1とは?

PD-L1(Programmed cell Death ligand 1)とは細胞の表面に発現しているタンパク質です。PD-L1は免疫細胞であるT細胞の表面にあるPD-1(Programmed cell Death 1)と呼ばれるタンパク質に結合し、免疫細胞の働きを抑制して「攻撃をしないように」と免疫の働きにブレーキをかける役割をしています。

肺がんとPD-L1の関係性

一部のがん細胞には細胞表面にPD-L1をたくさん発現させることによって、免疫の働きにブレーキをかけていると考えられています。そのため、がん細胞は免疫細胞に攻撃されることなく、どんどん増え広がります。
最近ではこの免疫機能に着目した免疫療法が注目されています。免疫療法とはがん細胞を排除する本来の免疫の働きを取り戻そうとする新たな治療法です。

免疫チェックポイント阻害薬

本来の免疫の働きを取り戻すために開発されたのが、抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体です。これらの抗体は、PD-1とPD-L1の結合を阻害することで、免疫のブレーキを解除します。これらの薬剤は、免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれています。

免疫療法は、免疫の働きを高めることによって正常な細胞や臓器を攻撃してしまう可能性があり、抗がん剤とは副作用の種類や程度が異なる点に注意が必要とされています。