細胞増殖で重要な因子となるBRAFというタンパク質があります。がん細胞のBRAF遺伝子に変異(異常)が起こると、異常なBRAFタンパク質ができ、がん細胞が無秩序に増殖するようになります。

BRAF阻害剤は、この異常なタンパク質の働きを抑えることで、無秩序に促進されていたがん細胞の増殖を止めます。