がん細胞の増殖

がん細胞は自分自身が増殖することで大きくなり、病気を悪化させます。

EGFR:上皮成長因子受容体

がん細胞の表面にはEGFR(上皮成長因子受容体)と呼ばれるタンパク質がたくさん発現していることが多く、このタンパク質からの信号が細胞内に伝わるとがん細胞が増殖します。

EGFRから出る信号をSTOP

EGFR-TKIはがん細胞を直接攻撃するのではなく、この信号の伝達を止めることで、がん細胞の増殖を抑える、または、がんを小さくすると考えられています。