EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんでは、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)による治療が第一選択となります。しかし、EGFR-TKIによる治療で、がんが縮小したり、増殖が抑えられた場合でも、治療を続けていくと、やがてEGFR-TKIの効果が減弱してしまいます。これはがんがEGFR-TKIに対する耐性を獲得するためです。

がん細胞がEGFR-TKIに耐性を獲得する原因には、EGFR遺伝子のT790M変異、c-MET増幅、HER2増幅などがあり、頻度はT790M変異が50〜60%、c-MET増幅が15〜20%、HER2増幅が20〜25%です。1)細胞増殖を促進する信号の増強や変化が起こり、EGFR-TKIではEGFRが発する増殖信号を止めることができなくなったり、EGFRからの信号は止めることができても他の信号が強まって、がん細胞が増殖してしまったりします。他には、がんのタイプが非小細胞がんから小細胞がんへ変化してEGFR-TKIが効かなくなってしまうこともあります。

1)Cortot, AB., et al.: Eur. Respir. Rev., 23(133), 356, 2014