がん細胞に新しい血管ができることを妨げるお薬です

わたしたちの体には新しい血管を作ることを促す働きをする血管内皮増殖因子(VEGF)という物質があります。VEGFはVEGF受容体という物質とつながることで血管を作る働きをします。がん細胞ではこのVEGFという物質を大量に作り、新たな血管を引き込んで、酸素や栄養を取り込もうとすることがわかってきました。
そこでVEGFにつながりやすい物質を注射して、がん細胞が作ったVEGFとVEGF受容体がつながりにくくすることで、新しい血管ができないようにする新しいお薬が開発されました。これが抗VEGFヒト化モノクローナル抗体というお薬です。