肺の房(肺葉)を切り取っただけではがん細胞を全て取りきれたかはわかりません。
がん細胞はリンパ節を好みますので、肺門部や縦隔にあるリンパ節にがん細胞が残っている可能性があるからです。
残った肺を少し脇にどけて肺門部と縦隔のリンパ節を取り除きます。
取り除いたリンパ節は病理検査にまわされて、がん細胞の有無が検査されます。

肺門部や縦隔にあるリンパ節の切除