がんの痛みや、がんが気管、血管、神経などを圧迫することによって生じる症状をやわらげ、患者さんのQOL(生活の質)を維持するために、対症療法としておこなわれる放射線治療が「緩和的放射線治療」です。

肺がんは反対側の肺や脳、骨など他の部位に転移しやすいがんです。がんの進行・転移によって引き起こされる痛みや麻痺などの症状を軽減する目的で緩和的放射線治療がおこなわれます。体に負担をかけない必要最低限の放射線量を、できるだけ速やかに照射します。

照射する場所によって、頭痛や下痢、食道の炎症によるつかえや痛み、吐き気、皮膚炎などの副作用が起こることがありますが、副作用を抑える治療やケアがおこなわれます。

緩和的放射線治療の目的

部位 改善が期待できる症状
せき、血痰、閉塞性肺炎、息苦しさ、上大静脈症候群
脳転移 頭痛、けいれん、神経症状(吐き気、めまい、麻痺など)
骨転移 骨の痛み、脊髄圧迫による麻痺、骨折の予防
  • 上大静脈症候群:肺がんの合併症のひとつ。がんによって上大静脈が圧迫されるために浮腫(むくみ)、せき、呼吸困難感などの症状が起こる。

参考:

  1. 渡辺 俊一ほか:国立がん研究センターの肺がんの本.2018,小学館
  2. 日本肺癌学会編:患者さんのための肺がんガイドブック2019年版,金原出版株式会社
  3. 日本放射線腫瘍学会緩和的放射線治療アドホック委員会監修「緩和的放射線療法」
  4. 日本放射線腫瘍学会編:放射線治療計画ガイドライン2016年版, 金原出版株式会社
  5. 佐藤奈穂子 ほか:日呼吸誌. 2012;1(5), 374-380
  6. 谷山奈保子 ほか:北関東医学. 2010; 60(2), 105-110