がんによって症状が出ている部分にだけ、症状を和らげる目的で、放射線を照射することがあります。
がんを治そうという目的ではなくて、症状を和らげようという目的なので、対症療法と呼びます。
骨への転移による痛みや脳への転移によるいろいろな症状に対する放射線療法が代表的です。