がん細胞に放射線を照射して、がんを死滅させる治療法です。何らかの原因で手術ができない場合、早期の非小細胞肺がんには、放射線療法による単独治療が薦められています(肺がん診療ガイドライン 2017年版)

また、CT、コンピューターの進歩により、早期の小さながん細胞でも位置が正確に把握できるようになり、従来よりも照射範囲を狭めて、がん細胞を狙い撃ちする3D照射なども検討されています。