化学放射線療法は、放射線療法と抗がん剤による化学療法を組み合わせて行う治療方法です。
IIIA期の非小細胞肺がんのうち、「手術で完全にがん病巣をとり除くことができ、体力的に手術が可能」と判断された場合は、手術が選択され、術後に化学療法、または化学放射線療法が行われます。術前にこれらの治療を行う場合もあります。
IIIA期の非小細胞肺がんのうち、縦隔のリンパ節に転移がある場合や手術で完全にがん病巣をとり除くことが不可能な場合および体力的に手術に耐えられないと判断された場合と、IIIB/C期の非小細胞肺がんで化学放射線療法に耐えられると判断された場合には、化学放射線療法が治療の第一選択になります。また化学放射線療法後に免疫チェックポイント阻害剤による免疫療法を行うこともあります。

化学放射線療法