放射線療法の副作用は肺臓炎、食道炎、皮膚炎が中心

放射線治療による副作用は主に放射線を照射した部位に起きます。主な副作用として、放射線療法中や終わりごろから症状が強くなる肺臓炎、食道炎、皮膚炎があります。他にだるさ、食欲低下、白血球の減少などが起きることもあります。
肺臓炎は咳や痰の増加、発熱、息切れといった症状で始まります。食道炎は固形物の通りが悪くなり、胸やけや痛みといった症状が出ることもあります。皮膚炎はかゆみをともない、赤くなったり皮がむけたりします。

副作用の症状に対する治療を行いながら、できるだけ放射線療法を続ける

放射線療法による肺臓炎で症状が出たり、酸素不足(低酸素血症)になったりしたときは、副腎皮質ステロイド剤などで治療を行います。
食道炎で症状が強いときは、鎮痛剤で症状を和らげたり、栄養剤の点滴で栄養を補ったりします。皮膚炎には軟こう剤で対処します。
副作用の症状が強い時は症状を和らげる治療を行いながら、放射線療法はできるだけ休まずに行います。放射線療法による副作用は、通常は治療後2週から4週ぐらいで改善します。

副作用の症状に対する治療を行いながら、できるだけ放射線療法を続ける