足し算以上の効果も期待できる併用療法

根治的化学放射線療法は、化学療法(抗がん剤)と放射線治療を併用する療法です。
根治を目的とした治療で、放射線治療で局所のがんを治療するとともに、化学療法によって検査では確認できない微小ながんを治療します。

化学療法と放射線治療の併用には、両方を一緒におこなう「同時併用」と、放射線治療または化学療法のどちらかを先行し、その後、もう一方を続ける「逐次(順次)併用」があります。同時併用のほうが、双方の相乗効果が期待できると報告されていますので、体調が良好であれば同時併用が選択されます。しかし、急性の副作用が出る可能性も高くなります。

手術が適応とならない非小細胞肺がんの標準治療として

非小細胞肺がんのⅠ~Ⅱ期(ステージ1~2)では、手術が検討されます。その中で患者さんの体の状態や病気の状態によって手術よりも他の治療法が望ましいと判断される場合、根治的放射線治療が選択されます。

Ⅲ期(ステージ3)では、手術と他の治療法が総合的に検討され、治療方針が決まります。手術よりも他の治療が適していると判断された場合の標準治療が化学放射線療法です。
化学放射線療法後には免疫チェックポイント阻害薬による維持療法がおこなわれる場合もあります。

小細胞肺がんの化学放射線療法

小細胞肺がんには限局型と進展型の2つがありますが、化学放射線療法は限局型の場合におこなわれます。
限局型小細胞肺がんのI~ⅡA期では、手術もしくは化学放射線療法が標準治療とされています。化学放射線療法は、局所療法である放射線治療と全身治療である化学療法の組み合わせにより、高い治療効果が期待できます。

化学放射線療法をおこなう場合、患者さんの状態にもよりますが、化学療法の開始直後から放射線治療を併用します(早期同時併用)。

通常の放射線治療は1日1回照射が基本ですが、限局型小細胞肺がんの場合は、1日2回照射する「加速過分割照射法」をおこなうことが勧められます。「加速過分割照射法」の実施が困難な場合や、副作用の懸念がある場合には通常の照射方法が選択される場合もあります。

進展型小細胞肺がんの場合は、放射線治療をおこなうことができる範囲にがんがとどまっていないため、全身に効果がある薬物療法(化学療法・免疫チェックポイント阻害療法)が中心となります。

参考:

  1. 日本肺癌学会編:肺癌診療ガイドライン2019年版, 金原出版株式会社
  2. 日本肺癌学会編:患者さんのための肺がんガイドブック2019年版, 金原出版株式会社
  3. 日本放射線腫瘍学会編:放射線治療計画ガイドライン2016年版, 金原出版株式会社