足し算以上の効果も期待できる併用療法

化学放射線療法は、化学療法(抗がん剤治療)と放射線療法を併用する療法です。
併用することで、相乗効果による根治目的での治療と転移予防、局所治療効果、放射線で網羅できない遠隔転移への治療効果などを期待しています。
化学療法と放射線療法の併用には、両方を一緒に行う同時併用と、放射線治療または化学療法のどちらかを先行し、その後、もう一方を続ける逐次併用があります。
体調が良好であれば同時併用のほうが、双方の相乗効果が期待できると報告されています。しかし、根治的な効果が期待できる半面、副作用も多くなるため気をつける必要があります。

手術が適応とならない非小細胞肺がんの標準治療として

非小細胞肺がんのⅠ~Ⅱ期(ステージ1~2)ではまず手術が検討されますが、患者さんの全身状態など医学的な理由で手術よりも他の治療法が望ましいと判断される場合、根治的放射線治療が選択されます。文字どおり治癒をめざして行う放射線療法ですが、これに化学療法を併用することで効果がより高くなることがわかっています。

手術が難しいⅢ期(ステージ3)では根治的化学放射線療法が標準治療として第一に選択されます。同時併用の化学放射線療法が、放射線単独療法や逐次併用療法にくらべて治療効果が高いことが明らかになったからです。現在も、効果的な薬剤の選択や放射線の照射方法について新しい知見が得られています。
また、化学放射線療法後の維持療法に使われる免疫チェックポイント阻害薬もあります。