趣味のおかげで、外出し気分転換できた

男性
50代 男性

2008年8月に人間ドックにて右肺に癌が見つかる。肺葉内転移をしていたので、ステージはⅢBと診断される。喫煙経験がないのに肺がんと言われ、更に余命やホスピス?までも言われ、まさに青天の霹靂であった。治療は抗がん剤でプラチナ製剤併用療法を4回行いました。その後転院をして、●●大学で陽子線治療を受け、●●県立がんセンター放射線腫瘍科で経過観察となりましたが再発、呼吸器内科で別のプラチナ製剤併用療法を6回行い、その後抗がん剤維持療法を41回行いました。右肺上葉の無気肺から気管支が由れて呼吸が苦しくなりました。呼吸器外科で2015年6月に右肺を全摘をしました。その後、術後の合併症の気管支断端瘻と膿胸が起こり、開創術をして九死に一生を得ました。1ヵ月半鎮静剤で眠っていました。ようやく退院となりましたが、吻合部の狭窄が起こり呼吸困難になり、同がんセンターの紹介で●●大学●●医療センターで抜去できるタイプのステントを挿入しました。現在は術後の創の経過とステントの経過観察及びメンテナンスで隔月で●●県立がんセンターと●●大学●●医療センターに通院をしています。

がんに罹患してやはり今まで当たり前にくる明日はいつか終わりが来ることが、現実として捉えられるようになりました。1日1日をできるだけ有効に使おう、自分の好きなことをとことんやってみようと思いました。自分の趣味が鉄道の写真を撮影することでしたから、家に籠らず外に出たことが良い気分転換になり、抗がん剤治療を行っていたときも前向きに治療に向きあえていたのではないかと思います。何度も九死に一生を得るような経験をしてきているので、どうしても肺がんのイメージから絶望してしまう方も多いので、患者会や個人のSNS等で病気に上手く付き合いながら、趣味や生活を充実させていくことを伝えていったり、患者会を通して仲間作りや会の運営に携わっていければと考えています。



関連する体験談