家内と2人でほーとして帰路につきました

男性
60代 男性

去年の11月ドックで肺に影ありの連絡が来ました。CT検査の結果50mmの腫瘍があり、がく然となりました。
それから1カ月、検査続きの日々となり、最後は気管支内視鏡で検体をとり腺がんの告知。万事休す。
年が明け、6日に、入院8日に手術をし、腫瘍と周辺のリンパ節10個を採取したと告げられました。転移しているかどうかは病理の結果待ち、不安な時間を過ごしました。まあ成るようにしかならない時間は戻らない。
13日退院、次の外来で抜糸し、ようやく風呂でごしごし、気持ちいい!先日2回目の外来で、転移は見られず、今後は経過観察との事でした。家内と2人ほーとして帰路につきました。とりあえず良かったね。



関連する体験談