コミュニケーションの大切さを、感じています

男性
50代 男性

肺がんと診断が確定したのは、異変に気づいてから2カ月後のことでした。
主治医から肺がんと告知され、診察室を出た私の背中に誰かが声をかけました。
「気をつけて帰ってね」
振り返ると、診察に付き添っていた看護師さんでした。
ベテランの看護師さんの、こちらの心中を察したあたたかな言葉に、救われた気持ちでした。
こちらも人間なら、医療従事者も人間。
気持ちをかよわせることで、きっと治療成績も上がるでしょうし、仮に先々で良い結果が得られないとしても、後悔は少ないような気がします。
とにかくコミュニケーションの大切さを、感じています。



関連する体験談