生かされていることに家族に感謝

女性
60代 女性

2019年2月に毎年受けている健康診断で肺に影があり、その後CTのある医院で45ミリのがんがあると言われたのは晴天の霹靂でした。(鎖骨の下でわかりにくいとか)。データのコピーをいただき、翌日に大学病院を受診。検査を経てステージIIA、4月に左上葉摘出、リンパ節転移に1つひっかかりステージIIBに。摘出したらそれでよいと思っていたのでショックでした。迷いましたが補助の抗がん剤治療、1週間おきに2回ののち1週休みの3クールを5月~7月まで、最初の3週間は入院で、2~4クールは通院でやりました。体力勝負と吐き気止めを飲みながらも食べるようにしていました。第4クールの2回目は息切れがつらく、キャンセルしました。今は生かされていることに家族に感謝し、添加物の少ない免疫力を高める食事にラジオ体操、歌をうたい(コロナでボイスレッスンはお休み)、散歩して身体を動かし、睡眠をしっかりとるようにして、現在経過観察中です。



関連する体験談