父と元気に笑いあう日まで、前向きに家族で支えていきます

女性
40代 女性

私の父は70歳です。2020年3月に肺がん(小細胞がん)であることがわかりました。最近だるい、眠いとよくソファーで横になっている姿をみながら、歳だね~と言いあっていましたが、まさかがんが原因だったとは思いもしませんでした。ステージIV。右鎖骨下リンパ節、肝臓、骨盤に転移が見られ、家族に余命半年~1年であることが告げられました。4月初めには抗がん剤治療が始まり、1クールが終わりました。入院途中でせん妄がひどく、一旦退院せざるをえなかったこと、自宅に帰ることで、抗がん剤治療の2クール目の治療が遅くなってしまったことが悔やまれます。でも、肺の影は薄くなっている、2クール目もおこなうというドクターの言葉に希望をもっています。
コロナウィルスの影響で面会がかないませんが、父と元気に笑いあう日まで、前向きに家族で支えていきます。



関連する体験談