家族にできることは寄り添い笑うこと

女性
40代 女性

母は、高齢で早期の肺がんです。長男を大腸がんで亡くし、手術や抗がん剤で苦しんでいるのを目の当たりにしてきた経験があり、手術を勧められましたが、手術をしない治療法を希望して、今は経過観察中です。
治療を開始してから4ヵ月目。副作用に気を付けて過ごしています。
手術をしなかったのが正解だったのかはわかりません。
再発の恐怖も付きまといます。
家族にできることは寄り添い笑うよう心がけることぐらいです。
いつまでも健康で長生きしてほしいです。



関連する体験談