いずれ走れるようになれると信じて、毎日を過ごしています

女性
50代 女性

2020年8月、非小細胞肺腺がんのステージⅢBと診断され、分子標的薬での薬物治療を開始しました。幸い奏効し、リンパ節転移はCT上ほぼ消失した状態となり、ダウンステージが得られた状態となり、11月に右肺下葉切除+リンパ節郭清手術を受けました。再発予防の為に、薬物療法は続いています。
肺がんとわかるまでは、5キロの早朝ランニングを日課にしていました。主治医からは、手術しても、以前の様に走れるようになれますよと言われました(流石に自己ベスト更新は無理でしょうが‥(^^;))
年明けに仕事に復帰し、休日には、1時間程歩いています。今はまだ走れないけれど(息も切れるし、肋間神経痛がひどいので)、いずれ走れるようになれると信じて、毎日を過ごしています。



関連する体験談