北海道や秋田県の玉川温泉などに、延べ40日間旅行に行っていました

男性
70代 男性

2019年2月末、風邪でもないのに咳がでるので、近くの呼吸器内科に行きました。レントゲンで右肺に3センチ程度の影があり、精密検査。MRI及びPET検査、気管支内視鏡検査の結果、ステージⅡBの肺腺がんが判明しました。4月に右肺上葉及び中葉を手術にて切除しました。しかし4カ月後の8月に再発が判明し、リンパ節、肝臓、左脇腹、脳に転移が見られました。
9月から免疫チェックポイント阻害薬を中心とした抗がん剤治療を入院しながら2回おこないました。再発の際は、かなりショックでしたが、抗がん剤治療で入院している際は、その時点で気分が悪くなるような副作用もなかったので、本を読んだり、映画を見たり、ネットを使って、元気になったら次はどこに旅行に行こうかと、そんな事ばかり考えていました。11月に抗がん剤の副作用で「間質性肺炎」になりましたが、それも2カ月で良くなり、2020年1月におこなった、MRI検査やPET検査ではがんが消滅していました。コロナの影響であまり旅行は出来ませんでしたが、9月には北海道や秋田県の玉川温泉などに、延べ40日間旅行に行っていました。



関連する体験談