妻に寄り添って共に戦おうと思います

男性
50代 男性

2018年8月、妻が頭痛の症状で、地元の総合病院に通院したところ脳腫瘍が見つかりました。即入院となり、検査後に脳腫瘍の摘出手術をおこないました。手術は無事に成功しましたが、手術後に担当医師から右の肺が原発と思われます。と説明されました。総合病院を退院してがんセンターに行きました。そこで説明された内容は、肺腺がんステージIVB でした。脳腫瘍の術後治療として約1カ月の頭部放射線治療の後に、分子標的薬の投薬を開始しました。分子標的薬は2年8カ月継続しましたが、抗体出現の為に2021年6月よりプラチナ併用の抗がん剤治療に入りました。妻とは付き合い始めて40年。ずっと横にいたのに何も気づかず、何も出来ず。しかし、これからも寄り添って共に戦おうと思います。



関連する体験談