放射線照射ができたことに感謝です

女性
60代 女性

2020年3月に肺腺がんステージIIICの診断を受けました。当初は、手術はもちろん放射線治療もできないと言われ、落ち込みました。抗がん剤、免疫療法を1年半おこない、腫瘍の縮小が見られました。その後、35回の放射線照射をおこないました。
今、放射線肺臓炎で咳、息切れなどがあります。
しかし、免疫チェックポイント阻害薬が使用できたこと、放射線照射ができたことに感謝です。
定期的な採血で腫瘍マーカーの値に一喜一憂しながら、がん細胞と戦っています。



関連する体験談