距離のある歩行や階段昇降も息切れはあっても問題のない程度です

女性
40代 女性

以前、手術の際に投稿しました。2021年3月にCT検査で肺腺がんステージIAが発見され、右上葉とリンパ節を切除しました。術式は、胸腔鏡下補助の開胸術です。一番大変だったのは術後1カ月で、息切れ、痛み、咳等があり、精神的にも再発への不安などもあり落ち込みました。術後1カ月以降で仕事も再開しました(看護大学教員)。術後3カ月以降には咳と息切れも改善し、講義や実習もできるようになりました。現在は術後7カ月経過しました。距離のある歩行や階段昇降も息切れはあっても問題のない程度です。
私の場合は、痛みは術後1カ月程度(術後2週間ほどで痛み止めを飲まなくなりました)、睡眠は術後1カ月は息切れ軽減のために頭を高くしたり、クッションやマットレスで腰痛対策や体位を安定するようにしました。呼吸訓練は術後早期は腹式呼吸、2~3カ月から体操や歩行という、いわゆる呼吸リハビリテーションを自力で行いました。症状があるうちは無理はせず、落ち着いたら動くという感じで過ごしたのが、回復にはよかったかなと半年の個人的な感想です。



関連する体験談