職場にも調査役として復帰しています

男性
50代 男性

2019年8月にS状結腸がんステージIになりました。腹腔鏡手術で腸を10cm程切除し、その後は復職もしていました。
そんな中、鼠径ヘルニアが悪くなりました。その術前検査で偶然にも肺がんが発見されました。右肺中心部2cm大、リンパ節部分3.6cm大、ステージⅢBの診断でした。手術はできないとの事で、入院し、化学療法と放射線治療を実施しました。縮小する確率は6人に1人といわれていましたので、覚悟は決めていました。その後、免疫チェックポイント阻害薬を投与中です。
今後、3人に2人は転移、再発するといわれていますが、希望を持って戦いたいと思っています。抗がん剤の副作用はありますが、職場にも調査役として復帰しています。以前のように経営職に戻れるよう耐えていきたいと思います。



関連する体験談